H25.6 現在 現在署名数:累計603080筆
| ホーム |
メインメニュー
ミニカレンダー
前月2017年 4月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<今日>
新着TV放送
TV放送自動選択
アルバム自動選択
アクセスカウンタ
今日 : 121121121
昨日 : 221221221
総計 : 526489526489526489526489526489526489
オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 新着情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
お知らせ
名古屋市  村上事件
投稿日時: 2012-02-29 (1309 ヒット)

署名活動のお願い
昨年の11月28日午前0時50分頃、飲酒運転を行ったトラック運転手に父親は殺され、母親は第4腰椎脱臼骨折、肺挫傷などの重傷を負いました。大好きだった夫を失い、一生後遺症に悩まされなければならないという形で自尊心を一方的に傷つけられた母親は、父親と一緒に逝きたかったと毎日泣いています。両親は、横浜から関西に住む4人の子供たちや孫に会いに来た帰りに事件に遭遇したのです。
被告人は、過去に酒気帯び運転、無免許運転で検挙されており、さらに高速道路を運転する業務が控えていることを認識していたにも関わらず、6時間にもわたり350ml入りの缶ビール8本を飲酒し、運転開始後わずか20分後に事故を起こしました。被告人は渋滞の最後尾で停車していた両親の車両に、高速かつノンブレーキで突っ込みました。被告人の呼気からは0.4/lという基準値を大幅に超える濃度のアルコールが検出されています。これは無差別殺人ともいえる悪質な事件ではないでしょうか?
私達は、危険運転致死傷罪の適用を望みましたが、目撃証言がなく、酒気帯び運転では適用できないと法律のプロである名古屋地検から説明され、納得はできないが諦めるしかないと自分たちに言い聞かせてきました。しかし、先月兵庫県加西市で同じような酒気帯び運転による事件が神戸地検により危険運転致死罪に訴因を変更されたことを知り、私達の事件も本来であれば名古屋地検が危険運転致死傷罪で起訴するべきだったのではないかと強く思うようになりました。
どうか、私たちの事情や心情を踏まえ、趣旨をご理解いただき、ご署名をお願いいたします。
2012年2月27日
被害者家族代表(被害者の長女) 田島 けい子
送付先及び問合わせ先 〒531-0063 大阪府大阪市北区長柄東2-9-77-1417
携帯電話:080-6207-7859、E-mail:svmr85883@leto.eonet.ne.jp
署名の第一回の期限は3月6日とさせていただきますが、裁判が終結する前日の4月16日まで引き続き募集させていただきます。よろしくお願いいたします。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Copyright © 2006 「父と同じ道を歩んでいた...」 飲酒・ひき逃げ事犯に厳罰化を求める遺族・関係者全国連絡協議会