H25.6 現在 現在署名数:累計603080筆
| ホーム |
メインメニュー
ミニカレンダー
前月2017年 12月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<今日>
新着TV放送
TV放送自動選択
アルバム自動選択
アクセスカウンタ
今日 : 8686
昨日 : 129129129
総計 : 553510553510553510553510553510553510
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 新着情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
お知らせ
H24年6月25日(月曜日)滝実法務大臣面談
投稿日時: 2012-06-23 (795 ヒット)

滝法務大臣へ法改正を求める要望書と署名簿の提出(25日)

25日(月)に「飲酒・ひき逃げ事犯に厳罰を求める遺族・関係者
全国連絡協議会」として、過去2年間に集めた6万4千を
超える署名簿を携えて、滝実(たき・まこと)法務大臣と面談
します。

飲酒運転の事故現場から逃走し、アルコールが抜けてから
出頭した人の方が危険運転致死傷罪を逃れ、過失罪にしか
問われずに結果的に軽い刑罰に処されている、いわゆる
「逃げ得」を解消してもらうための法改正を要望します。

2003年11月の第一回提出以降、これまで延べ7回の
法務大臣との面談で提出した署名の数は52万5,826筆。
今回提出分とあわせると累計で59万筆の署名を全国で
集めたことになります。

■滝実法務大臣との面談
 日にち:平成24年6月25日(月) 
      午前11時30分から正午まで
 場 所:法務省大臣室
 集 合:弁護士会館1階 午前11時10分
      そろい次第、署名簿を携えて法務省のビルに向けて
      200メートルほど歩きます。
 面談者:「飲酒・ひき逃げ事犯に厳罰を求める遺族・関係者
       全国連絡協議会」関係者
   □大臣室入室者(5名)
    1.佐藤 悦子 共同代表 (大分県国東市)
    2.高石 洋子 共同代表 (北海道江別市)
    3.井上 保孝 幹事 (千葉県千葉市)
    4.岩嵜 悦子 (東京都多摩市)
    5.松原 道明 (福岡県福岡市)
   □随行者(21名)
    千葉、神奈川、愛知、兵庫、長野、埼玉、福岡、宮城
    (仙台育英学園)から来る遺族及び支援者

 提出予定:
    ・飲酒ひき逃げ犯の「逃げ得」を解消する法改正を
     求める要望書及び賛同者の署名簿(6万4千筆超)
    ・連絡協議会メンバーに対して行った「危険運転致死傷
     罪の適用に関するアンケート調査」の結果(第一弾)
 記者会見:当日午後1時から、司法記者クラブで


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Copyright © 2006 「父と同じ道を歩んでいた...」 飲酒・ひき逃げ事犯に厳罰化を求める遺族・関係者全国連絡協議会