H25.6 現在 現在署名数:累計603080筆
| ホーム |
メインメニュー
ミニカレンダー
前月2017年 8月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<今日>
新着TV放送
TV放送自動選択
アルバム自動選択
アクセスカウンタ
今日 : 8484
昨日 : 8484
総計 : 540785540785540785540785540785540785
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 新着情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
お知らせ
北海道小樽飲酒ひき逃げ事件署名活動にご協力ください。
投稿日時: 2014-09-28 (1515 ヒット)

北海道小樽市で起きた「飲酒・ひき逃げ事件」で、小樽市のご遺族が署名活動を展開しています。

2014年7月13日
北海道小樽市にて、3人が死亡一人が重傷を負うという、飲酒・ひき逃げ事件が起きました。
基準値の3倍以上がアルコール検知で確認されたこの事件。
札幌地検はこの事件において、
危険運転致死傷罪の適用を見送り、過失運転致死傷罪で起訴してしまいました。

危険運転致死傷罪の適用を見送った理由として

事故時は携帯電話を操作していて、事故後コンビニまで事故を起こすことなく、安全に運転ができていた。
よって正常な運転が困難な状態ではなかった・・・という理由を挙げています。

これはまさに私の息子隆陸が命を奪われた11年前と全く検察官の言い分は同じです。

10年たち私たちの活動が実を結び、悪質運転を取り締まるための法律

自動車運転処罰法
が成立し、今年5月に施行されています。

この事件で、危険運転致死傷罪の適用がなされなければ
いつどのような事件に対して適用されるのでしょうか?
このまま進むと、
飲酒運転しても大丈夫。事故を起こしたら逃げてしまいなさい。そうすることで罪は軽くなります。
という、誤ったメッセージを国が国民に発信することになります。
命にかかわる大切なことです。

大分はじめ新潟、福岡などではすでに新法で裁かれる被告が相次いでいます。

札幌地検にモノ申す。

一日も早く危険運転致死傷罪への訴因変更を求めます。
今ならまだ、国民の札幌地検に対する大いなる失墜を、カバーできるのです。




署名用紙ダウンロード方法

下記アドレスより署名用紙ダウンロードができます
http://chihirorecollections.blog.fc2.com/blog-entry-40.html

アドレスクリック→ダウンロード→ファイルを開く→署名用紙へと続きます

(母のブログからもダウンロードができます)


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Copyright © 2006 「父と同じ道を歩んでいた...」 飲酒・ひき逃げ事犯に厳罰化を求める遺族・関係者全国連絡協議会