H25.6 現在 現在署名数:累計603080筆
| ホーム |
メインメニュー
ミニカレンダー
前月2017年 12月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<今日>
新着TV放送
TV放送自動選択
アルバム自動選択
アクセスカウンタ
今日 : 8686
昨日 : 129129129
総計 : 553510553510553510553510553510553510
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 新着情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
投稿日時: 2017-06-22 (120 ヒット)

 

娘、赤田ちづるが4年ほど前から、命に関する学びの中で
大切な家族を亡くした遺族が、どんなに理不尽な苦しい思いをしているのかをまとめ社会に
発信するための調査研究をしています。
一人でも多くの方のお気持ちをお聞きすることで
これからの被害者遺族が、当事者として様々な活動をしていく中で活動そのものに支援が受けやすくなる
社会づくりに貢献できるのではないかと考えています。
趣旨をご理解の上、調査研究にご協力いただけます方は、下記依頼文章中の連絡先メールアドレスまでご連絡をいただけますようお願いいたします。


関西学院大学大学院人間福祉研究科博士前期課程 2 年
赤田ちづる(佐藤隆陸の姉)

調査研究協力について(依頼)

梅雨入りのニュースが気になるこの頃ですが、お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか?
いつもご無沙汰ばかりで申し訳ございません。大分県の佐藤隆陸の姉、赤田ちづるです。いつも、隆陸それか
ら母が、皆さまには大変お世話になっております。また、例年ハートバンドの全国大会では分科会の『兄弟姉
妹で語ろう』に多大なるご理解を頂きましてありがとうございます。おかげさまで、きょうだいの輪も少しず
つ広がりを見せるとともに、きょうだいを亡くしたきょうだいに対する支援の必要性も認知されるようになっ
てきました。
私は、2016 年 4 月より関西学院大学大学院に進学し、いのちに関するさまざまな問題を学びながら、ある日
突然に家族を亡くしたご遺族が、どんなに理不尽に苦しい思いをしているのかを社会に伝えたいと思い研究を
しています。遺族調査をすることは皆さまを傷つけることになるのではないのか、とずいぶん悩みました。今
もその迷いは変わっていません。でも、皆さまの大切な人や、弟・隆陸の声、それから遺されてしまった家族
の声を、私にできる方法で社会に伝えていきたいと今は思っています。
今回、JR 西日本あんしん財団から研究助成金を頂けることになり、隆陸がお世話になった皆さまそれぞれの
ご活動に焦点を当てて研究をし、その活動の意義を社会に広く提言し、当事者が活動しやすい社会を目指して
いくお手伝いができたら嬉しいと思っています。
勝手なお願いであることは承知しておりますが、ぜひ皆さまそれぞれのご活動団体の参加家族様に、遺族の
活動の意義の調査のためのアンケート調査にご協力いただきたく、よろしくお願い申し上げます。ご協力いた
だける団体の代表様は、下記までご連絡いただけると幸いです。

連絡先メールアドレス akatachizuru@kwansei.ac.jp (090-1593-9198)
お知らせいただきたい項目 代表者様の氏名・連絡先ご住所・配布して頂けるアンケートのおおよその数

なお、調査により得られた内容につきましては、 【別紙 1】に示しますようにプライバシーの保護および、倫
理的配慮をおこないますので、ご安心ください。
お忙しいところ恐れ入りますが、また、お気づきの点がございましたら、いつでもご連絡ください。よろし
くお願い致します。

近づく夏とともに、また皆さまにお会いできる日を楽しみにしています。

【別紙 1】 1.研究責任者 関西学院大学大学院人間福祉研究科教授 坂口幸弘 2. 研究担当者 関西学院大学大学院 人間福祉研究科 博士課程前期課程 赤田ちづる 連絡先:akatachizuru@kwansei.ac.jp 090-1593-9198 3.研究タイトルと目的
研究タイトル
「事件・事故・災害等で大切な家族を突然に亡くした遺族が、亡き人の生きた証を 伝承することの効果」

目的
「事件・事故・災害等で大切な家族を突然に亡くした遺族が、亡き人の生きた証を伝承する活動を
どう捉え、実際にどのような活動が行われているのかを明らかにする」
「亡き人の生きた証を伝承する効果が、遺族のグリーフワークに及ぼす影響を探求する」
「亡き人の生きた証を伝承する活動が社会にもたらす効果について測定し明らかにする」

4.調査方法
郵送による質問紙調査、並びにインタビュー調査
5.倫理的配慮に関して 収集したデータは、関西学院大学の研究データ等の保存・開示に関する内規第 4 条に従い保存致します。
対象者個人が特定されないよう、記録物には個人名を記入せず、記号を使用し、機密性の保持に留意致し
ます。インタビュー内容に個人が特定される可能性がある人名、施設名、団体名、地域名が入っていた場
合には、データ入力時点で任意のアルファベット 1 文字と置き換えさせていただきます。 対象者の情報及び、収集した内容は秘密を厳守致します。データは施錠できる場所に保管し、複数のパソ
コン等に分散して保管しないように致します。回答を入力したデータファイルもパスワードをつけて保存
致します。 研究結果は、専門の学会や学会誌に投稿させていただく場合があります。その際には、個人の特定がさ れる情報は記載せず、プライバシーに関することは一切漏れることのないよう、個人情報保護に最大限
の配慮を致します。 本調査は調査対象者の自由意志に基づき、調査対象者の同意の下に実施されます。同意をしない場合に も調査対象者が不利益を被ることはありません。また、調査開始後や、調査終了後でもいつでも不利益
を受けずに随時撤回できます。 調査対象者には、調査依頼書をお渡しし、書面及び口頭であらかじめ調査目的や情報の取り扱い、倫理 的配慮についてわかりやすくご説明致します。同時に調査協力への自由意志や、インタビュー中断、撤
回の権利についても説明を行います。 以上の調査の趣旨と倫理的配慮を調査対象者に説明の上、同意書にご署名頂きます。郵送調査は質問紙


投稿日時: 2017-01-13 (174 ヒット)

犯罪被害者支援条例の請願の採択が、県と県内の市町村で進んでいます。

昨年末までの県内の進捗状況が
今朝の新聞に掲載されました。


トップページの
母の日記http://ameblo.jp/takamichi/

を更新しました。

そちらをご覧ください(*^-^*)


投稿日時: 2016-11-10 (313 ヒット)

 H26年6月から始めた、大分県と県内18市町村に犯罪被害者支援条例制定を求めた活動が
大きな山場を迎えています。


進捗状況

H28年9月

大分県議会全会一致で採択。

H28年9月

国東市議会
中津市議会ともに全会一致で採択



H28年12月議会審議(予定)

臼杵市・佐伯市・津久見市・別府市・由布市・玖珠町・九重町・日出町・豊後高田市・日田市・
宇佐市・竹田市・大分市・杵築市・豊後大野市・(姫島村)


姫島村に関しては、61年ぶりの村長選挙が行われたばかりなので
次議会になるかも・・ですが。


とにかく、8月に続き県内市町村をくまなく回り、12月議会で審議してもらうように
お願いしてきました。


これからは、請願書を各市町村に届ける作業が始めります。


大分県内の犯罪被害者等が、

孤立しないように、

惨めな思いをしないように、

泣き寝入りをしなくて済むように、

二次被害から守られるように

遺された兄、弟、姉、妹への支援等など

日常生活支援や、経済的支援、損害回復支援などを途切れることなく受けることができるように
行政の扉を外から開きたいと思います。


「ピアサポート大分絆の会」のメンバーと、「公益社団法人大分被害者支援センター」の理事長とともに
もう少し頑張らなければ・・・・


いい報告ができるように、もう少し見守ってくださいね。

よろしくお願いいたします。ピアサポート大分絆の会代表  佐藤悦子


投稿日時: 2015-12-04 (413 ヒット)

いのちのミュージアムが、二年がかりで企画した




「いのちの学校」柳沢智子著









夏葉社から出版されました




記念にいただいた二冊が今日届きました(*^_^*)




企画してくださったのは




いのちのミュージアムの土屋哲男氏ですが

本の出版を見ることなく

昨年8月に他界されました。




「いのちの学校」は15家族の物語ですが

土屋氏の想いも込められた

16家族の物語かもしれません。




全国の書店で予約できるそうです。

小学校高学年から、高校生向けに書き下ろされています。




是非読んでみてくださいね。




そして生きたくとも生きることができなかった人たちの

人生の物語をつむぎ




多くの人たちが、いのちの尊さ、深さを

考えるきっかけにしていただけると嬉しいです。




いのちのミュージアムのスタッフの皆様

そして柳沢智子様




本当に長い間お疲れ様でした。

         ありがとうございました。


投稿日時: 2015-10-19 (425 ヒット)

H27年10月25日(日曜日)に
被害者遺族が連携して創る、被害者遺族のための自助グループ
ピアサポート大分 絆の会 を立ち上げます。

トップページ

母の日記


(10月25日更新いたしました)



ご覧くださいね。


(1) 2 3 4 ... 6 »
Copyright © 2006 「父と同じ道を歩んでいた...」 飲酒・ひき逃げ事犯に厳罰化を求める遺族・関係者全国連絡協議会