H25.6 現在 現在署名数:累計603080筆
| ホーム |
メインメニュー
ミニカレンダー
前月2017年 5月翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<今日>
新着TV放送
TV放送自動選択
アルバム自動選択
アクセスカウンタ
今日 : 110110110
昨日 : 138138138
総計 : 531500531500531500531500531500531500
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 新着情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
投稿日時: 2017-01-13 (88 ヒット)

犯罪被害者支援条例の請願の採択が、県と県内の市町村で進んでいます。

昨年末までの県内の進捗状況が
今朝の新聞に掲載されました。


トップページの
母の日記http://ameblo.jp/takamichi/

を更新しました。

そちらをご覧ください(*^-^*)


投稿日時: 2016-11-10 (202 ヒット)

 H26年6月から始めた、大分県と県内18市町村に犯罪被害者支援条例制定を求めた活動が
大きな山場を迎えています。


進捗状況

H28年9月

大分県議会全会一致で採択。

H28年9月

国東市議会
中津市議会ともに全会一致で採択



H28年12月議会審議(予定)

臼杵市・佐伯市・津久見市・別府市・由布市・玖珠町・九重町・日出町・豊後高田市・日田市・
宇佐市・竹田市・大分市・杵築市・豊後大野市・(姫島村)


姫島村に関しては、61年ぶりの村長選挙が行われたばかりなので
次議会になるかも・・ですが。


とにかく、8月に続き県内市町村をくまなく回り、12月議会で審議してもらうように
お願いしてきました。


これからは、請願書を各市町村に届ける作業が始めります。


大分県内の犯罪被害者等が、

孤立しないように、

惨めな思いをしないように、

泣き寝入りをしなくて済むように、

二次被害から守られるように

遺された兄、弟、姉、妹への支援等など

日常生活支援や、経済的支援、損害回復支援などを途切れることなく受けることができるように
行政の扉を外から開きたいと思います。


「ピアサポート大分絆の会」のメンバーと、「公益社団法人大分被害者支援センター」の理事長とともに
もう少し頑張らなければ・・・・


いい報告ができるように、もう少し見守ってくださいね。

よろしくお願いいたします。ピアサポート大分絆の会代表  佐藤悦子


投稿日時: 2015-12-04 (343 ヒット)

いのちのミュージアムが、二年がかりで企画した




「いのちの学校」柳沢智子著









夏葉社から出版されました




記念にいただいた二冊が今日届きました(*^_^*)




企画してくださったのは




いのちのミュージアムの土屋哲男氏ですが

本の出版を見ることなく

昨年8月に他界されました。




「いのちの学校」は15家族の物語ですが

土屋氏の想いも込められた

16家族の物語かもしれません。




全国の書店で予約できるそうです。

小学校高学年から、高校生向けに書き下ろされています。




是非読んでみてくださいね。




そして生きたくとも生きることができなかった人たちの

人生の物語をつむぎ




多くの人たちが、いのちの尊さ、深さを

考えるきっかけにしていただけると嬉しいです。




いのちのミュージアムのスタッフの皆様

そして柳沢智子様




本当に長い間お疲れ様でした。

         ありがとうございました。


投稿日時: 2015-10-19 (359 ヒット)

H27年10月25日(日曜日)に
被害者遺族が連携して創る、被害者遺族のための自助グループ
ピアサポート大分 絆の会 を立ち上げます。

トップページ

母の日記


(10月25日更新いたしました)



ご覧くださいね。


投稿日時: 2014-09-28 (1470 ヒット)

北海道小樽市で起きた「飲酒・ひき逃げ事件」で、小樽市のご遺族が署名活動を展開しています。

2014年7月13日
北海道小樽市にて、3人が死亡一人が重傷を負うという、飲酒・ひき逃げ事件が起きました。
基準値の3倍以上がアルコール検知で確認されたこの事件。
札幌地検はこの事件において、
危険運転致死傷罪の適用を見送り、過失運転致死傷罪で起訴してしまいました。

危険運転致死傷罪の適用を見送った理由として

事故時は携帯電話を操作していて、事故後コンビニまで事故を起こすことなく、安全に運転ができていた。
よって正常な運転が困難な状態ではなかった・・・という理由を挙げています。

これはまさに私の息子隆陸が命を奪われた11年前と全く検察官の言い分は同じです。

10年たち私たちの活動が実を結び、悪質運転を取り締まるための法律

自動車運転処罰法
が成立し、今年5月に施行されています。

この事件で、危険運転致死傷罪の適用がなされなければ
いつどのような事件に対して適用されるのでしょうか?
このまま進むと、
飲酒運転しても大丈夫。事故を起こしたら逃げてしまいなさい。そうすることで罪は軽くなります。
という、誤ったメッセージを国が国民に発信することになります。
命にかかわる大切なことです。

大分はじめ新潟、福岡などではすでに新法で裁かれる被告が相次いでいます。

札幌地検にモノ申す。

一日も早く危険運転致死傷罪への訴因変更を求めます。
今ならまだ、国民の札幌地検に対する大いなる失墜を、カバーできるのです。




署名用紙ダウンロード方法

下記アドレスより署名用紙ダウンロードができます
http://chihirorecollections.blog.fc2.com/blog-entry-40.html

アドレスクリック→ダウンロード→ファイルを開く→署名用紙へと続きます

(母のブログからもダウンロードができます)


(1) 2 3 4 ... 6 »
Copyright © 2006 「父と同じ道を歩んでいた...」 飲酒・ひき逃げ事犯に厳罰化を求める遺族・関係者全国連絡協議会