H25.6 現在 現在署名数:累計603080筆
| ホーム |
メインメニュー
ミニカレンダー
前月2017年 6月翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<今日>
新着TV放送
TV放送自動選択
アルバム自動選択
アクセスカウンタ
今日 : 7070
昨日 : 117117117
総計 : 535690535690535690535690535690535690
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 新着情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
投稿日時: 2011-05-05 (1450 ヒット)

母親を飲酒事故で亡くした娘さんが悲痛な声を上げています。
ぜひ読んでみてください。
今月8日延岡市内で検察庁宛の街頭署名活動をします。

 私達は、母 志水礼子を平成23年2月13日に交通死亡事故で亡くしました。それから、悲しみにくれる時間もなく、泣くことも我慢して、ここまできました。

  遺族として何をすべきか分からない中警察と検察へ行き、そして弁護士への受任依頼、新聞社への取材の依頼までしてきました。

  ここまで、私達は、ずっと『危険運転致死傷罪』が適用されることのみ考えてきました。しかし、『危険運転致死傷罪』を、遺族の方々に作っていただいたにも関わらず、きちんと運用されておらず、判例も数少ないのが現状です。

  構成要素、一つ一つを独立して100%満たさなければ、『危険運転致死傷罪』は起訴してもらえません。その、100%満たすことがかなり困難であると、警察も検察も口を揃えます。加害者を擁護する法律と思ってしまいます。無理してハードルを上げているのではないか、残された遺族への思いはありません。

  「『危険運転致死傷罪』は難しい法律」、そのフレーズを何回聞かされたか分かりません。

  積極的に運用していないことが、遺族を苦しめていることに気付いているにも関わらず、警察も検察も法律は変えられない、判例の世界だからと言うだけです。

母の交通死亡事故で、加害者の血液より、アルコール血中濃度2.1mg/mlが検出され、確固たる証拠になっております。その結果、泥酔・酩酊状態を示す値が出ていても、その証拠を固める状況証拠が乏しい故に、検察は、『危険運転致死傷罪』での起訴を躊躇しているのです。

  万が一、この事故が『自動車運転過失致死傷罪』となってしまったら、これからの飲酒運転での死亡事故は、血中アルコール濃度2.1mg/mlを越さなければ『危険運転致死傷罪』にはならないという判例になってしまうと考えます。

  判例というものは、とても恐ろしいものです。

  私達遺族も、『危険運転致死傷罪』が適用されずに泣き寝入りし、そして、母の事故の判例が、ゆくゆくの飲酒運転死亡事故の遺族が『危険運転致死傷罪』を適用できない判例として苦しめていく事が考えられます。このような、血中アルコール濃度はまず検出されることはないのですから。

母の事故が、「飲酒運転で人を殺したら、『危険運転致死傷罪』が適用されるんだ。」という判例の、礎になることを強く望みます。

母は、とても優しく、太陽のように明るく元気で、私達家族のかけがえのない人でした。大好きでした。これから、母と歩く未来の全てを私達と母は奪われたのです。

その原因となった今回の交通死亡事故。これが、将来の遺族の方々(遺族がいないことを望みますが・・・)を苦しめる判例にならないように頑張って世の中に働きかけていきたいと思います。


投稿日時: 2011-03-16 (748 ヒット)

被災者の皆様にかける言葉が見つかりません。

私たちは仙台育英学園高校の生徒会の皆様や諸先生方と活動を共にしてまいりました。

仙台市内での合同街頭署名活動も2回経験し、宮城県、岩手県はじめ東日本の方々には本当にお世話になりました。

今は報道だけがよりどころとなっています。
多くの皆さんが無事でいてくれることを祈っています。

そして支援に当たられている方々、外国から支援に来ていただいている多くの皆様・・ありがとうございます。

一人でも多くの命を助けてください。
被災者みんなが暖かくすごせるように助けてください。
生きることができなかった人たちのことも・・・

よろしくお願いします。


投稿日時: 2010-06-29 (1434 ヒット)

高知県で昨年9月に起きた「飲酒・ひき逃げ」事件の判決公判で昨日(6月28日)高知地裁で懲役求刑5年(懲役4年4カ月)が言い渡されました。

飲酒運転で死亡事故を起こしても時間がたって逮捕されれば「酒気帯び」すら罪名につきません。ただの「過失」として裁かれてしまうのです。

以下新聞記事です。


ひき逃げ事件 遺族、会見で涙
2010年06月29日

 自動車運転過失致死と道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた高知市旭天神町の無職真鍋一志被告(37)の判決公判が28日、高知地裁であった。安西二郎裁判官は「不注意の程度も著しく、一方的な過失で命を奪った」として懲役4年4カ月(求刑懲役5年)を言い渡した。


 判決によると、真鍋被告は昨年9月11日午前1時ごろ、同市上町2丁目の市道で、同市神田の銀行員池内伝一郎さん(当時57)をはねて逃走し、6日後に死亡させた。


 これまでの公判で、真鍋被告は事故直前に約7時間、ビールを飲み、飲酒運転だった事実を認めた。県警は道交法違反(酒気帯び運転)でも送検したが、高知地検は昨年10月、嫌疑不十分で不起訴とした。このため、より刑の重い危険運転致死罪は適用されなかったが、判決は「逃走した動機は酒気帯び運転の発覚を免れることにもあったと認められ、動機は悪質」と指摘した。


 閉廷後、池内さんの家族が高知市内で会見した。被害者参加制度で公判に出廷してきた妻由美子さん(55)は「私の意見陳述が考慮に入れてもらっているとは思うが、それでも(求刑の)5年より少ない。まだ頭が整理できない」と涙ぐんだ。


 会見には、1999年に東名高速で飲酒運転のトラックに追突され、2人の娘を失った千葉市の井上保孝さん(60)、郁美さん(41)夫妻も同席した。保孝さんは「結果的に逃げたほうが刑が軽くなることを知らしめた判決で、残念だ」。郁美さんは「後味の悪い判決です」と話した。


 また、被害者遺族側の田村裕弁護士は、判決の確定を待った後、被告の飲酒運転について検察審査会に審査を申し立てる方針を明らかにした。


投稿日時: 2010-05-07 (1185 ヒット)

逃げ得」で二重の苦しみ
(母のブログ4月12日より)


飲酒運転がますます悪質になってきている

「飲酒運転で人身事故を起こしたら・・・とにかく逃げればいい」

悪質な運転者は逃げていく

逃げて酔いがさめてから出頭することで刑が軽くなってしまう

6年前の君の事件の裁判から何も変わっていない新聞記事を紹介するね。

母が君と一緒に、被害者も加害者も出してはならないと戦ってきたことは何なんだろう・・・・

何かの役に立っているのか

それとも・・飲酒ドライバーにさらなる知恵を上積みしただけなのか

ご遺族が検察に嘆願書を出すために署名活動を行っています。

高知のひき逃げ:危険運転致死罪を 遺族が嘆願書提出 /高知
 昨年9月に高知市で乗用車にはねられ死亡した同市神田の銀行員、池内伝一郎さん(当時57歳)の遺族がこのほど、乗用車を運転していた同市旭天神町、無職、真鍋一志被告(37)=自動車運転過失致死罪などで公判中=に酒気帯び運転を認定し、危険運転致死罪を適用するよう嘆願書を高知地検に提出した。

 起訴状によると、真鍋被告は昨年9月11日午前1時ごろ、高知市上町2の市道を乗用車で走行中、池内さんをはね、頭の骨を折る重傷を負わせたまま逃げ、同17日に死亡させたとされる。真鍋被告は翌日に高知署に逮捕された。

 同署によると、真鍋被告は事件の2時間前まで飲酒しており、道交法違反(酒気帯び運転)容疑でも逮捕・送検されたが、同地検は酒気帯び運転については不起訴処分にした。

 嘆願書には約1万2000人分の署名が添えられており、遺族側の弁護士は「被告は飲酒を認めている。逃げたことで危険運転致死罪が適用されず、刑が軽くなるのはおかしい」と話している。【黄在龍】
 


投稿日時: 2010-03-26 (895 ヒット)

署名活動についてお答えします。

1、法務大臣宛となると、日本国籍を有する者の署名でないと
受け付けてもらえないですか?
⇒1)日本国籍を有されなくても、日本在住であれば、日本の法律の適用対象となり
ますので、有効です。
2)外国在住であっても、たとえば日本に帰国されることがあるようであれば同様に
理屈は通ります。
3)完全に外国に住んでいる外国籍の方で、日本に渡来する予定もないようであれ
ば、日本の法務省から見ると、「あなたにどのような関係があるのか?」と疑問を呈
されると思います。
セーフといえるのは1)、2)まで。3)まで募ってしまうと、世界中の人に日本の
法律について意見を乞うようなことになるので、残念ながらカウントできないと思っ
ています。判別は、日本人名か?あるいは日本の住所が書かれているか?で、日本人
のような名前でもなく、日本の住所でもない方は、申し訳ないのですが、署名をして
いただいても法務省から異議を唱えられる可能性があるので、ご遠慮いただきたいと
思います。

2、未成年でも自署であれば大丈夫ですか?
⇒こちらは、上記1、の条件をクリアしていれば、まったく問題ありません。
基本は自署ですので、自分でお名前の書ける方であればどなたでも結構です。ひらが
なで書いてもらってもアルファベットで書いてもらっても有効です。

3、署名した用紙を、郵便ではなくFAXでお送りしても大丈夫
ですか?
⇒法務省には署名簿の原本を提出しているので、郵送をお願いしています。


« 1 2 3 (4) 5 6 »
Copyright © 2006 「父と同じ道を歩んでいた...」 飲酒・ひき逃げ事犯に厳罰化を求める遺族・関係者全国連絡協議会